読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好き家の長い文章置き場

長文投下マン@YOUCANFLYx3が更に長い文章を書く時に使う奴。主に観た映画とか読んだ本とかの感想

ビクトリーの勉達也がヤバイ【ファーストコンタクト編】

今回は大テーマの本題とはあんまり関係ないけれど折角べんちゃんでこれから何回か記事書いていこうと思ってるので彼というキャラクターに於いて外せないであろう一番大事な所は書こうかなって思いました。


ファーストコンタクト編ということで今回書く所は勿論物語の一番最初の場面!

推し語りでここを触れられるなんてとんだ幸せ者だね!!!!!


〜〜 _0 0_ ☆  (•)  ☆  0v0 〜〜


多分皆知ってるけど改めてこの場面の流れはこんな感じ

カレーパンをくれれば何でも言う事を聞いてくれる主人公切札勝太。そんな彼に秀才の勉達也ことべんちゃんは塾で参加できない自分の代わりに勝太をデュエマの大会に参加させようとカレーパンを持って接触を図る。「自分の代わりに大会に出てくれ」という一番の要件は伝えられなかったが遠回しに大会の会場に来るように勝太にお願いをする。


切札勝太少年、どう見てもいじめられっ子気質の行動取ってるのび太の図なんですけど接触を図ったのがまさかの出木杉。物語の出だしとしてはアレ?ここで出木杉なんだ。ってインパクトはあるからなかなか掴みはいいんじゃないかな?関係ないけど私もべんちゃんの最初の頃の印象はこの出木杉めっちゃ出番多いな!?だったし。最初こそのび太っぽく見えただけで勝太少年は全くのび太タイプじゃないしね。ビクトリーVの感想の時にでも触れると思うけど勝太君の周りにはいじめっ子気質の子はいないし。しずかちゃんも長いこといなかったしな!


あの1シーンだけだと後ろめたさからか勝太よりべんちゃんのがよそよそしい態度を取っているので彼から少なくとも進んでいじめっ子になる印象は感じられない。この場面で一番大事なのは「主人公がデュエマに触れるキッカケ」の提示と「主人公がデュエマに触れるキッカケになったこの優等生君はいじめっ子ではない」って情報を出す事。物語の一番最初でしかもあの短いやり取りだけだと取り敢えず主人公で正義の味方側だろうなんかバカっぽいし。とメタ推測の出来る勝太君と違ってべんちゃんは全く何も情報がないからね。このメガネの子はいつか勝太を裏切るかもしれないし、そうじゃなくてもその内物語からフェードアウトするかもしれない。あの1場面だけでは視聴者にとっては期待と不安でいっぱいだね。今丁度まさにジョー編のシャチョーがそんな感じ。そういえばあの子も水文明使いだね。


「レギュラーになるかは知らんけど勝太にデュエマの世界に誘ったあのメガネの少年は悪い奴ではないと思う」あのやり取りで提示された情報は大体こんな感じかな。


具体的な所だと「他ならぬべんちゃんの頼みだ何でも来い!」と勝太が好意的な反応をしてるのを確認してからべんちゃんは頼んでるのよね。頼みごとをする前にカレーパンを渡してるのもそう。細かいやり取りから悪い奴ではないよ!を伝えようと気を使ってるね。


そしてVSRFを見届けた後ビクトリーの視聴を始めた私は勿論知っている。べんちゃんは最後までずっとずっと勝太君の隣にいてくれた最高の親友だったと!


〜〜 _0 0_ ☆  (•)  ☆  0v0 〜〜


べんちゃん、勝太君への第一印象がデュエマの実力は無関係(やってないんだから当然なんだけど)且つマイナス評価をしてない数少ないキャラクターだよね。周りの大人達、例えば小熊先生なんかもいるにはいるけど勝太君の仲間やライバル達の中で他にはるるちゃんくらいなんじゃないかな。ただ彼女は「好意」だったのに対して彼は「公正」だっただけなんだけど。でもズルいよな〜〜。るるちゃんの勉達也への評価がやたら低いのは意外と嫉妬なのかもしれない。


とは言うもののべんちゃんは勝太君のデビュー戦見てないんだよね。それを見たのはぶっちゃけとヨーデル。そして切札勝太少年が一番最初にあいつにデュエマで勝ちたい!と意識させ大嫌いな筈のデュエマを続ける原動力になったのはドラゴン龍。ここの役割を上手く分散させてあげてるのも、その後VSRFの最後や漫画VSの最後で彼ら各々の役割と活躍のさせ方にこの4人こそが勝太という男の子にとっての最初なんだなって嫌でも理解させてくれてとっても素敵。


〜〜 _0 0_ ☆  (•)  ☆  0v0 〜〜


本題とは全く関係ないんだけど折角今このタイミングでこの場面の初見感想の記事を書ける人間だからこそ触れるけど、ひとりぼっちの火文明使いに声を掛ける水文明使いの構図、どっかで見たことあるよね。勿論人間も境遇も違うんだから水文明の方に友達がいるって微妙な違いこそあるけれども。ふふっ。